診療科・支援部門のご案内

現在表示しているページ
トップページ 診療科・支援部門のご案内:診療科のご案内 歯科口腔外科

歯科口腔外科

当科からのお知らせ

現在、常勤医(口腔外科学会専門医・指導医)1名で診療をおこなっておりますことから、一般の方の歯科治療及び時間外・休日などの救急対応はおこなっておりません。

ご理解のほどよろしくお願いいたします。

このページの先頭へ戻る

当科の紹介

当科は、特に西宮市における歯科口腔外科基幹病院を目指して、地域の医療機関と病診連携をとりながら診察、手術をおこなっています。

一例一例を大切にし、診断から手術、さらに長期間の経過観察を同じ口腔外科医が担当し、患者さまとのコミュニケーションを大切にするよう努力しています。

このページの先頭へ戻る

当科の特長

総合病院の科として、全身疾患のある患者さまの処置にあたり、他科の協力を得ることができます。

基本方針として一般の歯科医院、診療所で対処困難な以下のような診療をおこなっています。

口腔外科的な疾患
⇒腫瘍(良性、悪性)、顎関節疾患、外傷(顔面外傷、顎骨骨折、歯の外傷)、嚢胞性疾患、炎症性疾患、唾液腺疾患、埋伏歯(おやしらずなどの抜歯など)、口腔粘膜疾患(口内炎、口腔乾燥症など)。
特に外傷は、幼児から高齢者まで、年齢に応じた治療法の選択に留意しています。
有病者の歯科治療
⇒循環器疾患や出血性素因、その他全身疾患などのため歯科医院、診療所で対処困難な方の治療。
蜂窩織炎や上顎洞炎などの重症感染症などの消炎
⇒症例により、外来通院と入院管理下での消炎をおこなっています。
抗血栓薬を服用されている症例の抜歯などについて
⇒脳梗塞や心筋梗塞の治療後、バイアスピリン、プラビックスなどの抗血小板薬を服用されておられる症例、また心房細動などの不整脈のため、ワーファリンを服用されておられる症例については原則薬剤の休薬を行わず対応しております。術後出血時の管理のため、1泊ないし2泊の入院下での治療をお勧めしています。なお当院には、血栓性疾患の専門医が複数勤務しておりますので、安心して治療を受けていただけます。
睡眠時無呼吸症候群における口腔内装置
⇒睡眠時無呼吸症候群における口腔内装置の製作を開始いたしました。一度ご相談ください。

このページの先頭へ戻る

診療内容の概要

歯、口腔、顎、唾液腺の腫瘍を含む口腔内疾患の外科的処置

<入院手術例>
⇒口腔悪性腫瘍切除及びリンパ節隔清術、良性腫瘍、顎骨骨折、顎変形症、舌強直症、埋伏歯、顎及び口腔底嚢胞、唇裂、口蓋隆起、上顎洞炎など
<外来手術例>
⇒埋伏歯、嚢胞、腫瘍など

このページの先頭へ戻る

診療実績

初診患者数:1,132名 (2014年度)

【手術実績(2014年度)/ 外来】: 732件

症例名 件数
埋伏歯抜歯術 477
難抜歯手術 192
歯根嚢胞摘出術 2
口腔内外消炎手術 21
良性腫瘍摘出術 8
口唇舌小帯延長術 1
粘液嚢胞摘出術 4
ガマ腫開窓 1
歯槽骨整形術 2
埋伏歯開窓術 2
唾石摘出術 1
その他 21

【手術実績(2014年度)/ 入院】: 40件

症例名 件数
嚢胞(のうほう)摘出 10
良性腫瘍摘出 3
下顎悪性腫瘍手術 3
頬粘膜悪性腫瘍 2
舌悪性腫瘍 3
顎炎消炎術 1
下顎骨骨折手術 2
その他 16

初診患者数:1,102名 (2013年度)

【手術実績(2013年度)/ 外来】: 734件

症例名 件数
埋伏歯抜歯術 532
難抜歯手術 134
歯根嚢胞摘出術 3
口腔内外消炎手術 20
良性腫瘍摘出術 10
口唇舌小帯延長術 2
粘液嚢胞摘出術 3
ガマ腫開窓 1
歯槽骨整形術 4
埋伏歯開窓術 2
唾石摘出術 1
その他 22

【手術実績(2013年度)/ 入院】: 56件

症例名 件数
嚢胞(のうほう)摘出 3
良性腫瘍摘出 10
下顎悪性腫瘍手術 2
頬粘膜悪性腫瘍 1
舌悪性腫瘍 2
顎炎消炎術 2
頸部郭清術 3
下顎骨骨折手術 5
その他 28

このページの先頭へ戻る

スタッフ紹介

歯科口腔外科主任部長
兼感染対策室室長

(アミノ カヨコ)
網野 かよ子 専門:口腔腫瘍・粘膜疾患

資格:
日本口腔外科学会認定口腔外科専門医、
指導医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
(歯科口腔外科)
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
(歯科口腔外科)
インフェクションコントロールドクター

このページの先頭へ戻る