診療科・支援部門のご案内

現在表示しているページ
トップページ 診療科・支援部門のご案内:支援部門のご案内 内視鏡センター

内視鏡センター

当センターからのお知らせ

○内視鏡センターは、現在下表の通り診療をおこなっています。

内視鏡センター担当医表

○内視鏡センターでは、ご紹介により各種検査を承っています。

内視鏡検査受付申し込み方法

このページの先頭へ戻る

当センターの紹介

内視鏡センターは、昨今の内視鏡による検査・治療の急増に対応するため、平成18年10月2日に開設いたしました。

場所は、当院内2階健康管理センター受付前(エレベーターを降りてすぐのところ)です。

「患者さんの視点」を重視した、“優しい、安全、清潔”をモットーに、最先端の高度医療を提供することに重点をおいています。

<運営方針>
●急性期病院・地域支援型病院として、患者さんへより質の高い医療を提供します。
●地域の診療所に開かれたセンターとします。
●診断、治療の成績を明らかにし、努力目標を立て成長するセンターにします。

このページの先頭へ戻る

当センターの特長

●内視鏡室の増設により効率よく検査が可能となりました。
●待合室、前処置室の改善により、安らぎの空間を提供します。
●回復室の確保により、希望者に対して鎮静処置もできます。

内視鏡を用いた「検査」だけではなく、各種の「治療・処置」にも積極的に取り組んでいます。

多くの消化管がんに対して内視鏡治療が可能となりましたが、内視鏡的切除の適応がないと判断された消化管がんに対しても、当院外科の「低侵襲手術チーム」により、胸腔鏡下食道切除、腹腔鏡下胃切除、腹腔鏡下大腸切除等の腹腔鏡下内視鏡手術をおこない、低侵襲治療に努めています。

<新たに導入された経鼻内視鏡の特長について>
新たに導入した(カメラを鼻から挿入する)経鼻内視鏡には、患者さんへの負担を軽減する次のような特長があります。
1.舌根部に内視鏡が直接触れないため、咽頭反射が起きにくい
このため、内視鏡が咽頭を通り過ぎる際の不快感が軽減されます。
2.経鼻のため会話が可能
(口から挿入する)経口式内視鏡使用時は、患者さんが主治医とお話できませんでした。
しかし、経鼻内視鏡の場合、使用中でも患者さんは、主治医と会話することが可能です。

このページの先頭へ戻る

診療内容の概要

消化器(上部・下部消化管及び肝胆膵)疾患全般
【上部消化管】
健診、ポリペクトミー、早期癌の内視鏡的粘膜切除術及び粘膜下層剥離術、食道静脈瘤の内視鏡的結紮術及び硬化術、上部消化管(食道・胃・十二指腸)からの出血に対する内視鏡的止血術、内視鏡的胃瘻造設術など
【下部消化管】
大腸癌二次検診(便潜血陽性患者のスクリーニング)、ポリペクトミー、早期大腸癌の内視鏡的粘膜切除術及び粘膜下層剥離術、大腸出血に対する止血術など
内視鏡的逆行性膵胆管造影検査、胆道ドレナージ、総胆管結石に対する乳頭切開及び結石砕石術。

このページの先頭へ戻る

診療実績

【上部消化管内視鏡件数の推移(2006〜2011年度)】

【下部消化管内視鏡件数の推移(2006〜2011年度)】

【経鼻内視鏡件数の推移(2006〜2010年度)】

このページの先頭へ戻る

スタッフ紹介

院長補佐
兼内科主任部長
兼消化器内科主任部長
兼臨床検査科主任部長
兼内視鏡センター長

小川 弘之

内科部長
兼超音波センター長

大畑 裕之

外科部長
兼呼吸器外科部長
兼呼吸器センター長

桧垣 直純

外科部長
兼消化器外科部長
兼救急室室長
兼周術期サポートセンター長
兼医療安全対策室室長

上島 成幸

外科部長
兼消化器センター長
兼外来化学療法室室長

吉岡 慎一

内科部長
兼消化器内科部長

堀野 次郎

外科部長
兼消化器外科部長

足立 真一

内科医長

林 典子

外科医長

岡田 かおる

内科副医長

樫原 博史

内科医師

鬣 瑛

医務顧問
青山内科クリニック:胃大腸内視鏡/IBDセンター、日本消化器内視鏡学会専門医、指導医、日本消化器学会専門医、指導医、(前)神戸大学医学部付属病院准教授、光学医療診療部(内視鏡部)部長

青山 伸郎

このページの先頭へ戻る