診療科・支援部門のご案内

現在表示しているページ
トップページ 診療科・支援部門のご案内:支援部門のご案内 消化器センター

消化器センター

当センターからのお知らせ

急な腹痛を感じたときなどに、初診の方でも受診いただけるように、消化器センター外来を実施しています。

地域の開業医からのご紹介につきましても、消化器内科・消化器外科の専門医が対応いたします。

消化器センター外来診療担当医表

このページの先頭へ戻る

当センターの紹介

消化器センターは、当院が得意とする消化器疾患を専門に治療するセンターとして、平成18年10月2日に開設いたしました。

場所は、当院内4階東病棟です。

<設立目的>
●消化器疾患の診断から治療までを、専門チームで円滑かつスピーディに診療し、早期に社会復帰していただくことを目的とします。
●個々の疾患に対し専門性の高いスタッフを集結させることで、高度な医療技術や低侵襲治療を提供します。
●さまざまな職種のスタッフが入院中に関わり、系統立てた消化器疾患の治療と質の高いケアを受けることができるようにします。

このページの先頭へ戻る

当センターの特長

消化器センターは、消化器内視鏡医、消化器外科医、放射線医が同時刻、同視線で診断、治療していくセンターです。従来の消化器疾患に対する診療の他、悪性疾患(食道がん、胃がん、大腸がんなど)、良性疾患(胆石症、炎症性腸疾患、急性虫垂炎など)、腹部救急疾患に対しては県下随一を誇る内視鏡、腹腔鏡手術の高度技能取得医達が患者さんの状態、希望にお応えするよう内視鏡、腹腔鏡的治療をおこなっていることが当センターの特長です。

当センターでは、患者さんへの身体的な負担を軽減するために、低侵襲治療を積極的におこなっております。

1.吐血、下血などに対する内視鏡的処置
2.急性腹症、イレウスなどに対する腹腔鏡下 手術
3.肝癌に対する低侵襲治療(ラジオ波など)を適応とする
4.早期胃癌に対して、EMR、ESDなど内視鏡治療や腹腔鏡下手術
5.大腸癌に対する内視鏡治療,腹腔鏡下手術
6.嚥下障害があり栄養不良のある方へのPEG(内視鏡下胃瘻造設術)

低侵襲治療について、詳しくは 低侵襲治療 ページをご覧ください。

内視鏡カメラを用いて検査をおこない、内視鏡的処置に適応がないことが判明する場合があります。そのような場合でも、当センターでは、できるかぎり患者さんの身体的負担を軽減するため、腹腔鏡を用いた低侵襲な手術を採用するよう努めています。

このページの先頭へ戻る

診療内容の概要

消化器(上部・下部消化菅及び肝胆膵)疾患全般
<具体的な疾患例>
悪性疾患:胃がん、大腸がん、肝臓がん、膵臓がんなど
良性疾患:胆石、急性虫垂炎、潰瘍性大腸炎、クローン病など

このページの先頭へ戻る

診療実績

図1 消化器外科の主な手術件数(2010)

図2 腹腔鏡下手術数の年次推移(2010)

このページの先頭へ戻る

スタッフ紹介

外科部長
兼消化器センター長
兼外来化学療法室室長

吉岡 慎一

院長
兼地域医療連携室室長

根津 理一郎

院長補佐
兼内科主任部長
兼消化器内科主任部長
兼臨床検査科主任部長
兼内視鏡センター長

小川 弘之

内科部長
兼超音波センター長

大畑 裕之

外科部長
兼呼吸器外科部長
兼呼吸器センター長

桧垣 直純

外科部長
兼消化器外科部長
兼救急室室長
兼周術期サポートセンター長
兼医療安全対策室室長

上島 成幸

外科部長
兼消化器外科部長

足立 真一

外科医長

岡田 かおる

内科部長
兼消化器内科部長

堀野 次郎

内科医長

林 典子

内科副医長

樫原 博史

内科医師

鬣 瑛

このページの先頭へ戻る