診療科・支援部門のご案内

中央手術室

当部門からのお知らせ

このページの先頭へ戻る

当部門の紹介

中央手術室は当院2階に位置し、5室の手術室を備えています。
使用する診療科は、麻酔科、外科、泌尿器科、整形外科、皮膚科、口腔外科、眼科の7科です。
運営メンバーは、麻酔科医、手術室看護師、医療事務作業補助員、そして委託業者(物流管理、清掃業務、洗浄・滅菌業務を担う)から構成されています。
これらの各職種が専門性が発揮できるように、日々自己研鑽を積み、「絆」を大切に職種間で協働しながら、チーム医療を推進しています。

2018年、手術支援ロボット「ダ・ヴィンチSi」が導入され、前立腺がんの全摘出手術におけるQOLの向上を望める手術が始まりました。

複雑・高度化する手術医療の現場において、手術を受ける患者さんは年々高齢となり、そして複数の病歴を有する傾向にあります。そのため当部門としては、熟練した技術及び知識を深めることに取り組んでいます。

また、「中央手術室運営委員会」を定期的(2ヶ月に1回)に開催し、安全かつ専門・効率的な手術室運営について討議を行い、現場へフィードバックをしています。

手術室看護師は、患者さんに安心、納得して手術を受けて頂けるように、以下のような看護を行っています。

○タブレット端末を用いて、入院前からの手術説明を行いイメージを共有
○患者さんのご希望されるBGMでのお迎え
○手術中の神経、皮膚障害、医療関連機器による圧迫創などを術前に予測し、個別の患者さんに応じた予防対策を実施
○体温管理や、感染・深部静脈血栓症の予防
○麻酔科医との全身状態の管理
○体内異物遺残の予防
○待機されているご家族への、手術進行の情報提供
○小児患者さんへのプレパレーションの導入

このページの先頭へ戻る

当部門の特長

平成24年度に呼吸器外科医が1名増員され2名となり、呼吸器外科による手術件数の増加(平成23年度47件から平成25年度85件に増加)と3D画像による胸腔鏡下手術(VATS)が導入されました。また、手術を受ける患者は高齢化し、複数の合併症を持つようになってきました。このような背景の中複雑化、高度化する手術医療の現場において熟練した看護技術及び知識を深める取り組みをしています。

このページの先頭へ戻る

診療内容の概要

外科、泌尿器科、整形外科、皮膚科、口腔外科、眼科、内科、麻酔科の手術全般
専門手術内容は各診療科ページ参照

このページの先頭へ戻る

診療実績

【年間手術件数と稼働率推移】
年間手術件数と稼働率推移

【診療科別推移】
診療科別推移

このページの先頭へ戻る