医療関係者の方へ

現在表示しているページ
トップページ 医療関係者の方へ:職員募集 専攻医(後期臨床研修医)募集

専攻医(後期臨床研修医)募集

お知らせ

西宮市立中央病院では、初期臨床研修を修了もしくは、修了見込みの方を対象に、専攻医(後期臨床研修医)の募集をおこなっております。

詳しくは、下記募集要領をご覧いただいたうえ、お申込みください。

日本循環器病学会専門医になりませんか。

現在、循環器領域でAuthorizedされた学会の一つに日本循環器病学会(JCS)があります。今後、先生方が循環器の世界で活動するにあたり本学会とは切っても切れぬ関係になることはいうまでもありません。

本学会が掲げている理想の循環器専門医の医師像を以下に記します。

循環器専門医は、心臓・血管系に関する豊富な知識と技能を有し、
心筋梗塞、狭心症、高血圧、動脈硬化、弁膜症、心不全、不整脈、などの
循環器疾患の適切な診断・治療及び予防ができる能力を有する。

単年で習得できる内容ではありませんが、決してクリアーが困難な条件でもありません。当院は研修関連施設でありますし、循環器科スタッフ5名全員が日本循環器科専門医の資格を持っております。

バランス感覚のとれた医師像を目標とすることを研修のモットーとし、個々の興味分野を最大限に引き伸ばし循環器分野の中でもスペシャリティーを見つけてもらえるようにバックアップします。

私たちの得意としている分野にカテーテルインターベンション治療があります。

外科領域でも低侵襲が謳われて久しい時代にはなりましたが、外科には外科の良いところが、内科には内科の良いところがあるかと思います。互いに補完しながら、また、ときには互いにしのぎを削りながら本分野は急速に成長してきました。本院で実践している治療が日本のみならず世界の最前線で通用できることを証明していきたいと常に考えながら診療にあたっております。

また本院の循環器内科は大阪大学附属病院循環器内科の関連施設でもあります。たとえば本院のカリキュラムが終了しましたら、大阪大学附属病院での重症心不全専門医・移植専攻医育成プログラムカリキュラムへの参加も勿論可能です。

【 大阪大学附属病院 医学系循環器内科学のHP(参照) 】
  http://www.cardiology.med.osaka-u.ac.jp/?page_id=32802

腹腔鏡下手術の技術認定医制度のご案内

消化器外科を志す専攻医(後期臨床研修医)向けのご案内です。

外科専門医を目指している後期研修医を対象とした「末梢血管外科カリキュラム」のご案内

外科専門医取得には末梢血管外科10例以上の手術経験が義務づけられています。 末梢血管外科手術手技は血管の露出、吻合、損傷時の対応など主要な外科基本手技であり、外科各領域において広く応用が可能です。 しかし、当院も含め、一般病院においては血管外科を専門とする外科医が不在なところが多く、この血管外科の基本手技の修得が困難な状況であります。 そこで大阪大学外科系関連病院に勤務する後期研修医を対象に新たにカリキュラムができました。

【 カリキュラム内容 】
 後期研修3年間のうち2ヶ月間を市立豊中病院(心臓血管外科部長 藤村博信)に出向し、末梢血管外科研修を行う。

Dermis Challenge Contest 2013に挑戦!

大阪大学消化器外科では、関連病院に所属する若手外科医・初期研修医に豚皮を用いて真皮縫合を行ってもらい、その手技を客観的に評価し、今後のスキルおよびモチベーションの向上につなげることを目的としたコンテストを毎年行っています。当院からも好奇心旺盛な初期研修医が参加(何と2013年は女性2人)。写真は、院内で豚皮を用いた練習風景で、真剣なまなざしで取り組んでいます。

豚皮を用いた練習風景写真1豚皮を用いた練習風景写真2

泌尿器科専攻医募集のご案内

泌尿器科での後期研修は2つのグループを選択することが可能です。

  1. 兵庫医科大学グループ:この研修プログラムでは、兵庫医科大学を中心とし、その関連病院である当院の他、宝塚市立病院 ・明和病院・千船病院・協立病院での研修を行います。
  2. 兵庫・岡山地域泌尿器科専門研修プログラム:この研修プログラムでは、神戸市立医療センター中央市民病院を中心とし、当院の他、兵庫医科大学 ・倉敷中央病院・西神戸医療センターでの研修を行います。

泌尿器科医として必要な泌尿器科領域の癌および、尿路結石や前立腺肥大症などの良性疾患に対する知識や治療手技を学び、独力で診断から手術を含めた治療までを遂行できる医師を育てることを目標にしています。

麻酔科専攻医募集のご案内

当院、麻酔科では後期研修医(専攻医)の募集を行っております。特徴として、 ① 日本麻酔科学会、日本ペインクリニック学会、日本頭痛学会、日本緩和医療学会の研修認定施設です。2年間の研修で最低3学会の専門医受験資格を取得できます。急性、慢性を問わず痛みの治療の研修に適しています。 ② 麻酔科専門医制度に関しては、大阪大学麻酔科学教室の研修医プログラム連携施設です。 ③ 日本麻酔科学会指導医2名、専門医4名、日本ペインクリニック学会専門医3名、日本頭痛学会専門医2名、日本緩和医療学会専門医1名、日本東洋医学会認定医1名、JB-POT認定医2名、日本小児麻酔科学会認定医の上級医が指導にあたります。また、 日本医学放射線学会放射線専門医、日本放射腫瘍学会放射線治療専門医の資格を有する麻酔科医もいます。 ④ 麻酔に関しては、専門医プログラムに必要な症例数の麻酔は経験可能です。特殊麻酔も呼吸症例は充分経験できます。呼吸器以外の、心臓血管・脳外科・帝王切開などの特殊麻酔は、プログラム中の他施設で履修することになります。

このページの先頭へ戻る

募集要領

平成28年度専攻医(後期臨床研修医)募集要領
(1) 応募資格 医師免許を有し、2年間の初期臨床研修を修了した者
若しくは終了見込みの者。
(2) 募集診療科
(募集人員)
内科
(消化器、呼吸器、循環器、
 糖尿病・内分泌)
募集人員 : 若干名
外科
(消化器、呼吸器、 乳腺・内分泌)
募集人員 : 若干名
整形外科 募集人員 : 若干名
泌尿器科 募集人員 : 若干名
麻酔科 募集人員 : 若干名
小児科 募集人員 : 若干名
(3) 研修期間 3年間(平成28年4月1日より)
(4) 応募方法等 次の必要書類を提出(郵送又は持参)
提出先 〒663-8014
兵庫県西宮市林田町8番24号
西宮市立中央病院 事務局総務課(3階)
応募期間 随時受付しております
(5) 選考方法等 試験日 随時実施
会場 西宮市立中央病院 3階
内容 面接
選考結果 後日郵送にて通知します

このページの先頭へ戻る

研修医の処遇

(1) 身分 非常勤嘱託医師
(2) 研修手当 ◆卒後3年次
  基本報酬 月給359,300円
(税込・通勤報酬・賞与・超過勤務報酬・当直報酬別途)
◆卒後4年次
  基本報酬 月給360,800円
(税込・通勤報酬・賞与・超過勤務報酬・当直報酬別途)
◆卒後5年次
  基本報酬 月給362,300円
(税込・通勤報酬・賞与・超過勤務報酬・当直報酬別途)
(3) 勤務時間 8:30 〜 15:15
週1回程度の当直あり(当直報酬 50,000 〜 60,000円/回)
(4) 休暇 有給休暇10日/夏季休暇
(5) 宿舎等 医師住宅19,000円/月
(6) 社会保険等 全国健康保険協会、厚生年金、労働災害補償保険、
雇用保険加入
(7) 健康管理 健康診断(年1回実施)、予防接種等
(8) 外部の研修活動 学会、研究会等への参加可。参加費・旅費の支給有り。

医師賠償責任保険については、個人での任意加入となります。

このページの先頭へ戻る

研修プログラムの概要

専攻医(後期臨床研修医)は各専門科に属して、各診療科の研修内容に従って研修をおこない、認定医・専門医の資格取得を目標として、幅広いトレーニングを受けます。同時に一定の責任を持って自立して一般診療をおこなえる立場になるとともに、初期臨床研修医の教育及び指導も担当します。

また、専門科を越えて幅広い領域にわたる検討会や討議にも積極的に参画するなど、当院の持つ機能を有効に活用し、専門医としての能力を習得することが可能です。

後期臨床研修募集科目及び各診療科における研修内容

このページの先頭へ戻る

病院見学について

当院の見学をご希望の方は、次の内容をもれなくご記入のうえ、下記アドレスへお申込みください。調整後、日時等を連絡いたします。

  • 氏名、学年、住所、連絡先、電子メールアドレス
  • 見学希望(候補)日を3日程度(平日に限ります)
  • 特に見学したい診療科があれば記載

西宮市立中央病院 総務課 臨床研修医採用担当
TEL : 0798-64-1515 内線314
FAX : 0798-67-4811

このページの先頭へ戻る