看護部のご紹介

トップページ › 看護部のご紹介 › 看護部について

看護部について

看護部長からのメッセージ

看護部長 永翁 雅子

 西宮市は阪神間に位置し、都市部へのアクセスがよく、また、海と緑の自然豊かな文教住宅都市として知られ、全国的にも住みやすいまちとして高い人気を誇っています。
 西宮市立中央病院は、大正14年に久保町で町立診療所として開設されて以来の長い歴史があり、昭和50年からは現在の林田町で、多くの市民・地域の方々に利用されてきました。

 当院では「高度な治療をやさしく、確実に」をコンセプトに、患者さんの疾病回復と健康増進を目指し、職員それぞれが専門性を発揮してチーム医療を実践し、よりよい医療の提供に努めています。
 そのなかで看護師は、患者さんの生命と権利を尊重し、安全で安楽な看護の提供に努めています。
 専門的な領域で認定資格を持つ看護師や、経験豊かな看護師が、一人ひとりの患者さんのご意向を大切にし、確かな看護技術の提供と患者さんに寄り添うケアを実践しています。
 また、急性期の治療から、療養が途切れることなく住み慣れた住宅や地域につなげられるよう、他の医療機関、訪問看護、介護・福祉機関と連携して、患者さんやご家族のサポートも行っています。このように看護師は、医療チームの一員として、患者さんと医師や他職種をつなぐ役割も担っています。

 看護部では、医学の進歩や医療を取り巻く環境の変遷に対応できる専門職として、看護師が研鑽を積み、看護倫理や接遇を大切にし、患者さんに敬意をこめたケアが提供できるよう、教育制度を充実させ、院内・院外研修への参加、実地教育などを行っています。

 私たちは、日々の看護実践においても豊かな感性を培い、患者さんやご家族の思いに添える看護師であるように努めたいと考えています。
 患者さんをはじめ、当院をご利用いただく方々に喜んでいただける看護を実践できることが、私たちの喜びであり、誇りでもあります。

 今後も、広く市民や地域の方々の生命、健康と暮らしを守る西宮市立中央病院の看護師として、「親しまれ信頼される看護の提供」を目指して、その責務を果たせるよう邁進していきます。

理念

私達は、良質で、信頼される看護をめざします。

  • 1.心温かな看護
  • 2.患者さま中心の看護
  • 3.安全な看護
  • 4.地域に開かれた看護

基本方針

  • 1.患者さまの、いのちの尊厳と人権を尊重した心温かな看護を提供します。
  • 2.事故防止に努め、患者さまに安全な看護を提供します。
  • 3.チーム医療の中の看護職の役割を果たします。
  • 4.患者・家族が地域で継続した医療・看護を受けられるように、地域との連携を深めます。
  • 5.看護実践能力の向上に努め、患者さまに確かな看護を提供します。

看護部からのメッセージ

―ともに学び、ともに高め合う―

副看護部長米谷 知子(左)/依藤 泰子(右)

 医療は、患者さんを中心とした多職種のチームにより提供されています。

 私たち看護師は「患者さんと共に喜びを感じる」をコンセプトとして、専門性の高い看護だけでなく、倫理性や人間性に重きを置いた「心温かな看護」を患者さんに提供しています。また同時に、医療チームのメンバーと連携・調整を行い、患者さんがチームの中心となれるよう、コーディネーターとしての役割も果たしています。

 また、仕事のやりがいは勿論のこと、キャリアの開発も重要と考えています。 看護師は皆、「より良い看護」を目標として看護業務に従事しています。各職場で日々の看護実践と自己研鑽を積み重ねるうち、各々の看護観が確立され、それが看護師としてのキャリア形成につながります。
 看護部では、看護師一人一人が自己の看護観を育みながらキャリア形成を行っていけるよう、以下のような支援を行っています。

 まず、専門性の向上については、認定看護師(6分野)と専門看護師(1分野)が中心となって、看護実践および研修・指導・相談に携わり、各職場における看護の質の向上を図っています。また、認定看護師の資格取得についても、資格取得支援制度によるバックアップを行っています。

 働き方の多様化については、平成30年度より育児短時間勤務者に対して「ペア・ナーシング」制度(デイパートナーと二人一組で看護を行う取組)を開始し、多様な勤務形態の看護師同士が支え合い、認め合いながら、業務を行っています。

 キャリア支援全般については、平成28年に「看護実践支援室」を開設し、院内の研修・教育プログラムを体系化するとともに、キャリアラダー制度を整備し、看護師一人一人に応じたキャリア支援を充実させています。
 院内だけでなく、院外研修や学会への参加、院内外の関係部門との交流会、災害対策活動への参加などにも積極的に取り組んでおり、幅広い分野で活躍できる看護師の育成に力を入れています。

 看護師の思い、キャリアの発展が叶えられるよう、看護部は今後も支援を続けていきます。