研修・教育

トップページ › 研修・教育 › 新人研修プログラム

新人研修プログラム

プリセプター制

 当院では、新卒看護師が深刻なリアリティーショックを体験することなく職場に適応できるよう、プリセプターシップを取り入れています。

 組織の理念と目的を理解し、専門職業人として一定の期間内に新しい役割がとれること、定着できること、キャリアを活かせることが目標です。

 1人のプリセプター(先輩・指導をする人)が1人のプリセプティー(新人・指導を受ける人)に対し、1年間、その部署に必要な看護技術と知識、看護者・社会人としての態度を修得できるよう、実践モデルを示し、指導・支援しています。

年間スケジュール

研修プログラムの年間スケジュール図

4月
外来研修
目的
  1. 外来受診の流れを知る。
  2. 外来から入院までの流れを知り、病棟での援助に役立てる。
内容
  1. 検査を受ける患者さんへの説明方法を見学する。
  2. 手術室での挿管の介助、心電図の装着、持続点滴の固定、ガウンテクニック、腰椎麻酔の体位介助を見学する。
病棟研修
目的
  1. 病棟・看護部の理念・目標を理解する。
  2. 組織人としての自覚をもち、公務員としての規律を守る。
  3. 基本的看護技術が修得できる。
  4. 職業人としての態度を身につける。
  5. チームメンバーとしての役割が果たせる。
病棟への配置
内容
  1. 1~2週目は配属された病棟で指導を受け、同じ患者を数名受持ち、業務の流れを知る。
  2. 3~4週目は自分のチームの患者全員を把握する。
  3. 5月末に見習い夜勤を2回(深夜勤・準夜勤)経験する。
6月
夜勤業務
内容
  1. 夜勤職員数が3名のところで夜勤業務を行う。
  2. 3ヶ月フォローアップ研修を受ける。看護技術の確認を行う。体調管理について学ぶ。同期のメンバーに悩みや困ったことなど相談する。
7月
プリセプターナースの患者をペアで担当する

 プリセプターナースの患者を一緒に担当し、指導を受けながら情報収集・アセスメント・計画立案・実施など入院から退院までの一連の流れを体験する。

8月
1人で患者を担当する
効果
  1. カンファレンスで受け持ち患者について説明できる。
  2. 看護計画の修正追加ができる。
  3. 仕事の手順・時間の工夫ができる。
  4. 仕事の優先順位を考える。
10月
急変時の看護

 6ヶ月研修フォローアップ(BLS研修)で急変時の対応について学ぶ。

3月
1年間のまとめ

 1年目研修で、1年間に学んだことを整理し、現在の看護観をまとめる。